強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 中学生の強度近視は珍しくない?

中学生の強度近視は珍しくない?

中学生の強度近視は、今ではめずらしくないかもしれません。

中学時代は、大人への過渡期であり、こころはデリケートです。裸眼視力0.1以下になると、学校の黒板の文字もほとんど見えず、容姿を気にする年代の子供にとっては、つらいことでしょう。

私の視力もさんざんでした。
小学校1年生のときは視力1.5だったのですが、小学校2年生の健康診断のとき視力検査で視力0.9、小学校5年生で視力0.5、小学校6年生では視力0.3でした。

小学校6年生で、中学受験の勉強に没頭し、また同時にマンガを読みすぎたためか、急激に視力低下が進み、中学校入学時の学校検眼では視力0.1になってしまったのです。

いまでいうと検眼通知書のD判定ということでしょうか?
このときに視力回復センターに通おうか迷って、結局通わなかったのですが、通っておけば少しはよくなったのかな、と思っています。

その後も視力低下は進行し、中学2年生では、視力検査表の一番上が読めませんでした。視力0.1以下というわけですね。中学生で強度近視になってしまったというわけです。

このレベルになると、手もとの文字も30センチでは読めません。普段は容姿を気にして、メガネを絶対に掛けませんでしたから、ふだんはぼやけた視界であり、世界です。そんなんですから、中学校の修学旅行の京都の風景は、ぜんぜん覚えていませんorz

そういう経験がありますから、中学生で強度近視の人の気持ちは痛いほどよくわかります。布団に入ったあと、このまま視力が低下していって失明するのではないかと不安にかられて、何度か涙を流したことを覚えています。

中学2年生から高校1年生まで、授業中だけメガネを装着して、普段は裸眼ですごしていました。中学生くらいの皆さんなら、こうしたメガネの使い分けをしている人がいるかもしれませんね。

メガネはずっと掛けていると、視力低下が急激に進行していきます。できるだけメガネは掛けないほうが近視の進行はおそくなります。手もとも裸眼で見えるのなら、めがねを外して勉強や読書をしたほうがいいでしょう。

ちょうど中学2年生の一番目で悩んでいたころ、本屋の店頭にハロルド・ペパード博士の「眼がどんどんよくなる」という視力回復の本をみつけました。狂喜して買ってさっそく視力訓練を開始しましたが、まったく視力はアップしませんでした。これはベイツ理論というものです。

あなたが中学生で強度近視であっても、失明はしませんから、大丈夫ですよ。大事なことは、強いまばたきと目のツボ指圧によって、目の血行をよくして、それ以上視力を低下させないこと。そのうえでルテインやブルーベリーなどの視力回復サプリメントを摂取することです。ビタミンAやビタミンCも大切です。これらは近視の回復のためというより、眼病予防のためです。

その後も、意地になって裸眼を通しましたが、高校2年生のとき、とうとうメガネを掛け始めました。そして大学4年でソフトコンタクトレンズ。今は40歳で、1日使い捨てコンタクトレンズを装用しています。

手もとは両目だと、寄り目の範囲を超えているので、文字にピントが合わないくらい強度の近視です。中学生の皆さんは、ここまでは目が悪くないと思います。片目なら5センチくらいで焦点が合います。

今、私は速読法とか川村式視力回復トレーニングを購入して、眼筋トレーニングに取り組んで、研究しています。なかなかいい感じですよ。中学生の強度近視を治すとすれば、眼筋トレーニングしかないでしょう。しかも、みなさんは、まだ近視歴が浅いですし、成長期ですから、視力回復の可能性にあふれているといえるでしょう。

希望をもって毎日を生きていきましょう。

強度近視の豆知識一覧