強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 強度近視にイントラレーシック手術は有効か?

強度近視にイントラレーシック手術は有効か?

強度近視にイントラレーシックは効果があるのでしょうか?

結論から言うと、「強度近視」という言葉をどのようなニュアンスで使っているのかによって異なりますが、視力0.01というような最強度の近視はイントラレーシックでは視力矯正することはできません。

もちろん従来型のケラトーム・レーシック手術よりは、強度の近視に対応できます。これはマイクロケラトームというステンレス製のカンナ状の器械によって角膜にフラップを作成する手術法。

器具でフラップをスライスすると、どうしても厚みが不ぞろいになり、フラップが厚くなりがちになります。いっぽうイントラレース・フェムトセカンドレーザーというレーザー照射によってフラップを作成するイントラレーシックは、なだらかなフラップの切断面を形成することが可能です。

全体的に均一の厚みであるために、かえって薄くても丈夫なフラップを作ることが可能です。そう考えると、強度近視にはイントラレーシック手術は、有効です。ただし完全矯正はできないでしょう。

ちなみに、「コンベンショナル・レーシック」というものがありますが、これはエキシマレーザーで角膜を削る量を抑えた視力回復手術です。少し近視は残りますが、ふだん生活するぶんには十分ですし、車に乗るときとか、映画を見たりするときなど、遠くを見るときだけ軽度のメガネを装用する感じになります。

いままで視力0.02とかの強度の近視であったことを思えば、このくらい許容範囲なのではないでしょうか?

以上のように強度近視はイントラレーシック治療によって、完全に視力回復はしませんが、PRK手術やラゼック(ラセック、ラーセック、レーゼックとも)、エピレーシック手術なら、視力0.01というような強度の近眼であっても、視力1.5に視力強制することができます。

これらは表面照射という術式で、角膜実質層をムダに消費しないため、エキシマレーザーで削る量が増えるからです。郷土の近視は、より多くの角膜を削らなければならないのです。

そのほかフェイキックIOLという内眼手術もあります。
これは視力0.01であっても視力1.2とか視力1.5に改善することが可能です。ただし目にメスを入れるので覚悟は必要です。術後の乱視の出現、角膜内皮細胞の死滅・減少も知っておく必要があります。

もし強度近視をイントラレーシック手術のみで視力アップしようと思うのならば、ある程度まで視力回復訓練によって、目をよくしてから視力回復治療を受けるという考え方もあります。

たとえばインターネット上で販売されている視力回復トレーニングのマニュアルを学んで、通信指導をうけるのです。眼筋トレーニングが主体になります。

本屋には3Dの立体視用のマジカルアイなんていう視力の本が販売されていますが、これでは強度の近視をよくするには、弱すぎます。また穴が開いた視力回復グッズであるピンホールメガネは、毛様体筋を休めることには役立ちますが、これも強度近視は視力向上しないでしょう。

視力回復機とか超音波治療器ソニマックなどでも同様です。こういった市販されている視力の器具は、仮性近視や急激に視力低下した初期の屈折性近視に有効なのです。

視力0.1以下の最強度の近視は、眼球を動かして鍛える眼筋トレーニングが有効と考えられます。軸性近視に激震を与える視力の治療法は、これしかないのではないでしょうか?

強度近視の豆知識一覧