強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 網膜剥離と強度近視の関係は?〜眼軸が長い近眼が原因

網膜剥離と強度近視の関係は?〜眼軸が長い近眼が原因

網膜剥離は強度の近視と、どのような関係があるのでしょうか?

まず網膜剥離とは、網膜がはがれる目の症状であり病気です。もっと具体的にいうと、神経網膜が網膜色素上皮層からはがれる現象です。そのあと、そのすき間に硝子体液が浸入して、どんどん網膜剥離が進んでいきます。

神経網膜とは光をとらえる光受容体がある場所で、これが網膜色素上皮層からはがれるということは、栄養の経路が途絶えるということです。そのため網膜がはく離してから、時間が経つほど栄養不足により、網膜の視細胞が死滅する危険が出てきます。そうなると失明することもありえます。

しかし早期に網膜剥離を発見し、手術をうければ強度の近視から視力低下したり失明する心配はありません。なかには自覚症状に乏しい場合もあるので要注意です。

網膜剥離になると、目の前に虫や糸くず、ごみのようなものが浮いて見える飛蚊症になることがあります。これもひとつの目安です。

網膜剥離は強度近視で起きやすいといわれるのは、視力0.01というような強度の近眼は、眼軸が長いために、網膜が引き伸ばされて、薄くなっています。ちょうど風船のように・・・。

そのためなにか刺激が加わると、網膜に亀裂が入る網膜裂孔、それがやぶれる網膜剥離を強度近視は起こしやすいわけです。

網膜が薄いために、網膜剥離だけではなく、強度近視は白内障、黄斑変性症、正常眼圧緑内障にも気をつける必要があります。

強度近視の豆知識一覧