強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 最強度近視と視力の矯正〜毎日の目の手入れが不可欠

最強度近視と視力の矯正〜毎日の目の手入れが不可欠

最強度近視と視力の矯正について、解説したいと思います。

最強度近視といっても、人によっていろいろなニュアンスがあります。自分は視力0.01だから、これ以上悪い人はいないだろうという意味で、「最強度の近視」といっている場合があります。

そのほか幼少時から近視がすすんで、異常に眼球(眼軸)が伸びてしまう「最強度近視」のタイプがあります。これを病的近視とか悪性近視といいます。目を少しぶつけ打だけでも、網膜が内出血して、網膜裂孔や網膜剥離になるので、とても危険です。

このような悪性近視は、眼球が異常に長くなるので、その分網膜が引き伸ばされて薄くなるためです。

これに対して自称「最強度近視」であっても、かつて小学校入学のときの視力検査(学校検眼ですね)で、検眼通知書に視力1.5とか視力2.0と記載されていたことがある人は、病的近視とはいいません。これは単純近視(学校近視)といいます。今でいえばA判定というのでしょうか?

それでも受験勉強や塾通い、はたまた最近のゲーム機やパソコンの普及により、近くを見続けて目を酷使することが多い生活環境のなかで、徐々にあるいは急激に視力が低下していったわけです。

目という器官は、近視や遠視、乱視といった屈折異常であれ、老眼(調節異常)であれ、眼病(白内障、緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性症)であれ、痛みを伴わず、かつ自覚症状にとぼしいため、気づいたら末期に来ていることが多いのです。

目の病気なら末期にきていると、失明と隣り合わせですが、近視の場合は失明することがない代わりに、最強度の近視まで来ていたということですね。

時間を戻せるなら、戻したいとか、ドラゴンボールで願いをひとつかなえるとしたら、視力を回復させたいという人は多いでしょう。

最強度の近視・近眼になると、メガネの度もなくなってきます。あまりに像が小さく見えてくるので、目の疲れが甚だしくなります。その点コンタクトレンズを装用すれば、疲れ目は解消できます。眼精疲労の対策として、コンタクトレンズに変えてみるのもいいでしょう。その場合、ハードコンタクトレンズのほうが最強度の近視に対応できます。使い捨てコンタクトレンズでもいいでしょう。

最強度の近視の場合、レーザー角膜屈折矯正手術であるレーシックでは対応できません。あまりに深く角膜実質層を削りすぎると、術後に乱視が出現してしまうからです。最強度の近視の人は、レーシック手術では、視力矯正できないのです。

しかしPRK手術とかラセック、エピレーシック手術といった、いわゆる「表面照射」といわれる術式なら、最強度近視であっても、視力強制の可能性はあります。角膜実質層を、まるまる屈折力の調整のために活用できるからです。

万が一、これらの視力回復手術で視力を矯正できないとしても、最終手段として、いくつかの近視治療を組み合わせるという方法が残されています。

たとえばレーシック手術と角膜内リング。
あるいは、フェイキックIOLとレーシック手術。フェイキックIOLとはレーザー照射治療ではなく、メスを入れる内眼手術で、これ単体でも視力0.01を視力1.2とか1.5にする力をもっています。

ましてやフェイキックIOLとレーシック手術を組み合わせるならば、どのような最強度の近視であっても、確実に視力回復することがお分かりでしょう。

ただし最強度の近視になると、網膜がかなり引き伸ばされており、そのため薄くなっています。そのため網膜裂孔や網膜剥離、正常眼圧緑内障、黄斑変性症などの眼病に注意する必要があります。

最強度の近視を視力回復手術によって治療できたとしても、そのあと重大な目の病気にかかって、急激に視力低下したとしたら、意味がありませんよね。

もし眼病経由で視力が低下したら、レーシック手術も力を発揮できません。つまり網膜上にしっかりと焦点を結んでいるにもかかわらず、視力が出なくなるのです。

そのため最強度の近視の人は、レーシック手術やPRK手術、ラセック、フェイキックIOLなどの治療法で視力を矯正したなら、眼病を予防するための目の手入れ、メンテナンスを毎日つづけていきましょう。これが眼病を予防するとともに、視力低下を予防することにもなります。

簡単な視力回復トレーニングとしては、強いまばたきや目のツボ指圧などによって、目の血行をよくする。眼球を動かす簡単な「眼筋トレーニング」を毎日、自宅で実行することです。さらにいえばルテインが含まれている緑黄色野菜(とくにケール)を多くとり、アントシアニンがふくまれているブルーベリーやビルベリー、カシスを摂取するといいでしょう。

ビタミンCが含まれている柿の葉茶もおすすめです。
目の血行促進、眼筋トレーニング、視力回復サプリメント、この三つを毎日持続していけば、最強度近視であっても、眼病と視力低下を予防することが可能になります。

強度近視の回復法〜有効な治療法は?一覧