強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > オルソケラトロジーと強度近視〜オサート治療なら矯正可能

オルソケラトロジーと強度近視〜オサート治療なら矯正可能

オルソケラトロジーで強度近視は視力矯正できるのでしょうか?

結論から言うと、視力0.01というような強度の近視はオルソケラトロジーの治療では目を治すことはできません。

オルソケラトロジーは強度近視というよりも、仮性近視や屈折性近視に有効な方法です。仮性近視の場合、視力が回復してしまうこともあります。角膜の突出を抑える効果があるからです。

強度の近眼の目は、眼球が伸びています。
そうなるとそれに比例するように角膜の突出が強くなっています。丸い柔らかいボールを楕円状にすると、全体が長くなると同時に、先端部も飛び出てくるので、分かるでしょう。

そうなると、強度の近視をオルソケラトロジーの一度の角膜の型づけで変形できる量には限界があるわけです。飛び出るほど、弾力が強くなって、元に戻ろうとする復元力が強くなるからです。これは先ほどの柔らかいボールを想像していただければ分かることと思います。

このようにオルソケラトロジーで強度近視・近眼は、視力回復できませんが、その進化形であるオサート治療なら、強度の近眼を視力矯正できます。

オサートとは、段階的治療法を特徴としています。
オルソケラトロジーのように睡眠中にオルソkレンズを装用すれば、おきたときに角膜が変形していて、日中は高い視力で快適に生活できます。

両方とも視力回復コンタクトですが、オサートがオルソケラトロジーと違うのは、何度もハードコンタクトレンズを作り変えていく、という点です。もちろん、そのぶん費用はかかります。

オサートでは、このようにして、毎日少しずつ角膜の形を変えていって、1年くらいして視力0.01というような強度の近視を視力1.2とか視力1.5にまでアップさせることができます。

オサートもオルソケラトロジーの一種であるとすれば、オルソケラトロジーで強度近視は視力改善できるということになります。

ただしこの場合、いくら視力の強制によって目がよくなるとしても、眼球自体は長いままです。これは網膜が引き伸ばされて薄くなっていることを意味します。そうなると網膜裂孔や網膜剥離、緑内障、白内障、黄斑変性症といった眼病のリスクがあるわけです。

そのため視力が回復したあとでも、目の血行をよくしたり、目のトレーニングを毎日続けたり、目にいいサプリメント(ルテイン、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンAなど)を摂取するなど、目のメンテナンスを心がける必要があります。

そうすれば、それ以上眼球が伸びるのを阻止することができ、急激な視力低下を予防することが可能になります。

強度近視の回復法〜有効な治療法は?一覧