強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 強度近視とレーシック手術〜適応範囲外のことも

強度近視とレーシック手術〜適応範囲外のことも

強度近視はレーシック手術を受けることができるのでしょうか?

レーシックのクリニックや眼科施設によっては、-10Dというような強度の近視に対応しているところもあります。これはレーシックの眼科によって、基準はまちまちです。

しかし、あまりにも深く角膜をエキシマレーザーで削りすぎると、レーシック術後に角膜が変形して、乱視が出現するという後遺症・合併症が出てしまいます。これを角膜エクタジアといいます。乱視が出現するのは、角膜が眼圧に負けてゆがんでしまうためです。

このため視力0.01とか0.02といった強度の近視は、レーシック手術の適応外になることがあります。これは実際にクリニックでレーシックの検査をしてみないと、実際にはわからないことですが、削りすぎると、前述したように乱視が出現するわけです。

現在の主流は、イントラレース・フェムトセカンドレーザーによってフラップを作成する「イントラレーシック」です。これは従来のカンナ状のマイクロケラトームによるフラップ作成よりも、なめなかな切断面をつくれるので、夜間視力の向上、上皮迷入(エピセリアール・イングロース)がなくなるなどのメリットがあります。

またイントラレーシックになってから、フラップを薄くかつ丈夫にできるようになり、より多くの角膜実質層を削れるようになりました。それでも、やはりほかの視力回復手術にくらべてフラップが厚いために、どうしても視力0.01というような強度の近視にはレーシックは対応できないようです。

強度の近視がレーシックを受ける場合、角膜を削る量を抑える「コンベンショナル・レーシック」という術式もあります。これは完全矯正はできず、少し近視は残りますが、乱視は起こらなくて済みます。日常ではコンタクトレンズやメガネを装用して補うわけですね。

これだけでも、いままでの強度の近視とおさらばして、薄い眼鏡レンズにできるのですから、いいと思います。

強度近視はレーシック以外のPRK手術やラセックなら、十分視力を矯正することが可能です。これらは、そもそも角膜にフラップを作らないか、作っても極薄のフラップです。そのため残された角膜実質層を最大限有効利用できるのです。

レーシック手術のなかでは、唯一例外で、エピレーシック手術でも強度の近視に対応できます。エピレーシックも、角膜上皮層だけのフラップを作るからです。

そのほかレーザーではなく、内眼手術のフェイキックIOLなら、視力0.01という強度の近眼の人でも、術後に視力1.2とか視力1.5にすることが可能です。フェイキックIOLは、レーシック手術よりも明瞭な視界が得られるといわれています。ただし、術後の乱視の出現や、角膜内皮細胞の減少というリスクを知っておく必要があります。

そのほかレーシック手術と角膜内リングという組み合わせで治療をうければ、どのような強度の近視でも完全に回復することが可能です。病的近視(悪性近視)でも、このような組み合わせによる視力矯正手術なら、十分対応できるので、快適な生活を送ることができます。

強度近視の回復法〜有効な治療法は?一覧