強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 強度近視の回復法〜有効な治療法は?

強度近視の回復法〜有効な治療法は?

強度近視の回復法として、レーザー治療があります。

たとえばレーシック手術、PRK手術、ラセック(ラゼックとも)。レーザー角膜屈折矯正手術以外では、内眼手術としてフェイキックIOLがあります。

強度の近視であっても、メガネやコンタクトレンズで視力矯正すれば、たいてい視力1.0以上は見えるものです。ただ例外として弱視や病的近視(悪性近視)があります。

強度近視が視力回復トレーニングで改善した例は、ネットを見ていると、たまにあるようですが、ほんんど可能性は薄いといえるでしょう。しかし、視力アップのロマンは持ち続けて、視力の訓練はつづけていったほうがいいと思います。

そのうえで強度の近視が回復する方法は、最新の眼科治療法であるレーザー治療になります。

その代表選手であるレーシック手術ですが、視力0.01というような最強度の近視になると、レーシックの適応外になります。最新のイントラレーシック手術でも、強度の近視には対応できません。レーシックのフラップは厚めのため、どうしても削り取れる角膜が少なくなってしまうからです。

強度の近視に適したレーザー治療は、PRK手術、ラセック、エピレーシック手術になります。これらはフラップをそもそも作成しないか、作ったとしても上皮層だけの薄いものなので、厚く削る必要がある強度の近眼でも適応できるのです。

前述したフェイキックIOLだと、視力0.01というような最強度の近視を回復させることが可能になります。内眼手術のため、執刀医には白内障や緑内障手術の経験が豊富な眼科専門医である必要があります。

フェイキックIOLは白内障手術のように、人工レンズを眼球内に埋め込むので、角膜の厚さは関係ありません。そのため強度の近視であっても回復できるというわけですね。

そのほかオルソケラトロジーの進化形としてオサートがあります。これは段階的治療法を特徴としており、視力0.02というような強度の近視であっても、視力1.2とか視力1.5にまで視力アップすることが可能です。ただし強度の近視が回復するまで、1年程度かかります。

こういった眼科矯正手術以外の手段で強度の近視を回復するとなると、近視改善トレーニングということになります。ベイツス理論では、外眼筋が緊張するために眼球を不要にしめつけ、そのために眼軸が伸びると説明します。そうなると、外眼筋のトレーニングによって、眼球の形を元に戻せる可能性がでてきます。

強度近視とメガネ〜レンズの端がゆがむ

強度の近視とメガネとの関係について、解説していきます。まず強度の近視になると、外界からの光が結ぶ焦点が、かなり網膜から遠のくために、それだけ強い屈折力をもった眼

強度近視とメガネ〜レンズの端がゆがむ

強度近視とコンタクトレンズ〜快適な視界が得られる

強度近視とコンタクトレンズとの関係について解説します。まずコンタクトレンズの装用は、強度の近眼に適しています。少なくとも分厚い近視矯正用のメガネよりは、ずっと快

強度近視とコンタクトレンズ〜快適な視界が得られる

強度近視とレーシック手術〜適応範囲外のことも

強度近視はレーシック手術を受けることができるのでしょうか?レーシックのクリニックや眼科施設によっては、-10Dというような強度の近視に対応しているところもありま

強度近視とレーシック手術〜適応範囲外のことも

最強度近視と視力の矯正〜毎日の目の手入れが不可欠

最強度近視と視力の矯正について、解説したいと思います。最強度近視といっても、人によっていろいろなニュアンスがあります。自分は視力0.01だから、これ以上悪い人は

最強度近視と視力の矯正〜毎日の目の手入れが不可欠

オルソケラトロジーと強度近視〜オサート治療なら矯正可能

オルソケラトロジーで強度近視は視力矯正できるのでしょうか?結論から言うと、視力0.01というような強度の近視はオルソケラトロジーの治療では目を治すことはできませ

オルソケラトロジーと強度近視〜オサート治療なら矯正可能