強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 強度近視とメガネ〜レンズの端がゆがむ

強度近視とメガネ〜レンズの端がゆがむ

強度の近視とメガネとの関係について、解説していきます。

まず強度の近視になると、外界からの光が結ぶ焦点が、かなり網膜から遠のくために、それだけ強い屈折力をもった眼鏡が必要になります。つまり分厚いメガネということですね。

強度の近視のメガネにかぎらず、近視のメガネというのは、端のほうにいくほど厚くなる凹レンズです。正確には、顔にフィットするように工夫された凹メニスカスレンズです。メニスカスとは三日月の意味。

強度の近視になるほどメガネのはしは分厚くなりますが、それはレンズのはしに行くほど、像がゆがむことを意味します。メガネレンズには収差というものがあり、どうしてもゆがんでしまうのです。

もし、この収差をおさえるとすれば、両面非球面レンズがいいでしょう。これが強度の近視のメガネとしては、もっとも適しています。レンズのはしでも、さほどゆがまないので自然な視界が得られます。

両面非球面レンズは、乱視にも有効です。収差が少ないので、乱視特有の目の疲れ、眼精疲労が解消されます。

強度近視にはメガネは欠かせません。
朝起きると同時に、メガネを掛けなければ、歩くこともままなりません。もし地震や事故があったら、メガネがこわれる可能性があるので、本当に危険です。

強度近視のメガネは、どうしても分厚くなるので、耳なども痛くなってきます。周囲のゆがみなどを考慮しても、コンタクトレンズのほうが適しているように思います。

コンタクトレンズなら角膜とレンズがほとんど離れていないために、像のゆがみはありえませんし、裸眼と同様の視界・視野が得られます。

強度の近視のメガネの視界は、狭いものです。
これはスポーツをやっている人は致命的です。スポーツをしている人は、メガネよりもソフトコンタクトレンズのほうがいいでしょう。めがねにボールがぶつかると、メガネがこわれたりするし、眼にとっても危険です。

結局、強度近視のメガネは、コンタクトレンズをつけるまでの橋渡し的な意味として使うといいでしょう。

ちなみにピンホールメガネとかピンホールアイマスクという穴があいた視力回復グッズ・アイテムがありますが、室内ではこういったメガネを装着すると、よく見えます。さすがに外出時までは掛けれませんが・・・。

室内にいるときは、こういった視力アップアイグラスを装用すれば、それだけ視力低下がストップし、目の疲れを取ることができます。

強度近視の回復法〜有効な治療法は?一覧