強度近視の視力回復・研究室

強度近視でも視力回復する可能性はあります。そのためのトレーニングや訓練法、コツを解説。

サイトトップ > 強度近視とコンタクトレンズ〜快適な視界が得られる

強度近視とコンタクトレンズ〜快適な視界が得られる

強度近視とコンタクトレンズとの関係について解説します。

まずコンタクトレンズの装用は、強度の近眼に適しています。少なくとも分厚い近視矯正用のメガネよりは、ずっと快適な視界が得られます。

強度の近視の人は、眼鏡を装用すると、レンズの端が分厚くなるために、どうしても像がゆがんで見えてしまいます。またレンズ以外の視界に関しては、ぼやけるので、有効周辺視野が減少します。これはスポーツをしている人にとっては致命的です。

スポーツをしている人で強度近視の人は、コンタクトレンズに変えたほうがいいでしょう。スポーツをしていると激しく動きますし、走ったりもします。そうなると振動でメガネがずれて、その都度、もとの位置に直さなければなりませんよね。これって、とても面倒です。

これが仮性近視とか軽度の近眼なら、メガネレンズを薄くできるため、それほど影響がないかもしれません。しかし視力0.01などという強度の近視になると、かなりレンズが重くなります。もちろん両面非球面レンズにすれば、厚みも重さもかなり軽減されますが・・・。

強度の近視はコンタクトにすべきそのほかの理由は、メガネよりもコンタクトレンズのほうが度が進まないからです。メガネレンズと角膜は12ミリはなれているので、どうしてもゆがんだ見え方になり、像も小さくなり、目に負担がかかります。

しかし強度近視でコンタクトにすれば、角膜とレンズがほぼフィットするために、裸眼のような視界が得られます。ほぼ原寸大の像を見れるのです。これは目にとって負担が少ないといえます。

レーザー角膜屈折矯正手術であるレーシック手術などは、角膜自体を削りますから、コンタクトよりも、もっと視力低下を起こしづらいといえます。しかしレーシック手術やPRK手術、ラセックは、いろいろなレーシックの後遺症・合併症があるので要注意です。これはフェイキックIOLでも同様です。

強度の近眼になると、手もとさえよく見えなくなります。
またちょっと家のなかを歩くのでも、困難になります。そこでメガネとコンタクトレンズを併用すると、とても便利です。どうしてもコンタクトだけというわけにいかないので、コンタクトを装着していないときは、眼鏡の力を借りるわけですね。

強度の近視にコンタクトが必要だといっても、室内ではできるだけ度の弱い眼鏡を装用したほうがいいでしょう。そのほうが視力低下を抑えることができます。

強度の近視の人は、ハードコンタクトレンズにすると、対応範囲が広くなるので、安心です。もちろんソフトコンタクトレンズでも、ある程度は対応しています。おすすめは1日使い捨てコンタクトレンズです。たとえばジョンソンエンドジョンソン社のワンデーアキュビューなどですね。

強度近視の人は、このようなコンタクトやメガネなどの眼科矯正器具の力を借りながら、同時に目の血行をよくして眼病を予防することが大切です。そうやって、それ以上急激に視力が低下していかないように努めるのです。

さらに強度近視を回復させるべく、毎日自宅で視力回復トレーニングに励めば、あなたの視力は健康を保っていけるでしょう。

強度近視の回復法〜有効な治療法は?一覧